ストーリーショップ - 人に伝えたくなる戦略PRはストーリーから生まれる。

人に話したくなる「ストーリー」こそ、
モノが売れる戦略PRの秘訣。







NOT VISUAL. NOT COPY. BUT STORY.

私たちの周辺には
あらゆる情報があふれています。
ニュースの報道も、ネットの情報も、
個人のつぶやきも生活者には
均質な価値となっています。

COMMONSがこのような社会環境に
向けて送り出すものは、
一方的なビジュアルや
コピーの押しつけではなく、
企業が伝えたいメッセージを、
生活者が欲しいコトやモノに翻訳した上で
自分ごととして人に話したくなる
「戦略PR」ストーリーです。
「戦略PR」とは?

StoryShop

なぜストーリーメイキングが
PRに有効なのでしょうか?

  • 人はストーリーがあることで、製品やサービスの価値を見出します。
  • 人が誰かに製品を語る場合は、その製品がよほど優れているか、もしくは話したくなるストーリーを持っているかのどちらかです。
  • 人は広告などで企業が直接アピールする言葉ではなく、第三者の話の方を受け入れやすいものです。
クリームの容器

ヒアルロン酸を20%も配合し、保湿効果の高い馬油を新処方したクリームです。

クリームの容器

サハラ砂漠と同じ湿度しかない超乾燥状態の国際線の機内で働くCA御用達のクリームです。

すぐれたスペックの商品よりも
ユニークなストーリーの商品の方を
人は好みます。

効果的なストーリーは
こうして開発されます

「消費者の動向やインサイト」「製品の特性・特徴」「世の中のトレンド」などからアイデアを探る方法が一般的ですが、私たちは生活者に「こんなストーリーで語られたらいいな」という仮説を先に開発し、それを事実で支えられるかどうかを「People」「Product/Service」「Trend」のエリアから探し出してサポートする「ストーリーファースト」という手法をとります。
Peopleのエリア(どんな投稿をしたいか、どう友達に話すか、どんな写真を撮りたいか)、Product/Serviceのエリア(生産地、成分・効果・効能、開発のバックストーリー、研究・テスト結果)、Trendのエリア(流行のスポット、TVや雑誌のメディアトレンド、話題の言葉や現象、海外の早いトレンド)から探し出してサポートするStory(ストーリー)

「ストーリーのタネ」探しのための
トレンドリーディングメソッド

はっきりと目に見えないけれど明らかに世の中を動かしている潮流としての「トレンド」をズバリと射抜くことは容易ではありません。またそれを捕まえた時点で過去のトレンドになってしまっていることも少なくありません。COMMONSでは生活者との接点を探るために「トレンドリーディングメソッド」という独自の調査法を使用し、ストーリーを支えるトレンドを捕まえていきます。
Peopleのエリア(どんな投稿をしたいか、どう友達に話すか、どんな写真を撮りたいか)、Product/Serviceのエリア(生産地、成分・効果・効能、開発のバックストーリー、研究・テスト結果)、Trendのエリア(流行のスポット、TVや雑誌のメディアトレンド、話題の言葉や現象、海外の早いトレンド)から探し出してサポートするStory(ストーリー)

PRの効果測定について

PRの効果測定に関しては「プロセス目標(リリース作成件数など)」やマスメディアなどでどの程度とりあげられたか数量で測る「アウトプット目標(露出記事件数などの広告費用換算)」などがありますが、私たちはストーリーによってターゲットがどのようにブランドや商品に対して態度変容をしたか、またはストーリーがどれだけ受け入れられるものだったかを重要視します。
広告費用換算 ●リリース作成件数 ●露出記事件数 ストーリーによる商品への態度変容 ●商品への興味関心・特徴の理解・購入意向に対するストーリーの影響 ストーリー自体の評価 ●ストーリーの受けとられ方(共感など) ●口コミの影響 PDCAの実践へ

私たちの手法のユニークさ

項目チェックのアイコン

ストーリーファースト

私たちのメソッドにおける、最もユニークな特徴です。

項目チェックのアイコン

KPIはお客様の課題解決

従来のPRモデルのように広告費用換算ではなくお客様の課題解決がKPIです。

項目チェックのアイコン

一年以内の短期プロモーションPR向き

早く結果を出したいPR向きです。長期の取り組みには戦略PRをお勧めします。

私たちのPRエリアについて

従来までの広告とは違いビジュアルやコピーという表現にコミュニケーションの重きは置かれません。「ストーリー」自体がコミュニケーションの核になるので、あらゆるメディアの特性に合わせて語り口や表現をアジャストすることができ、完全にメディアニュートラルなコミュニケーションを可能にします。
360°コミュニケーション(PRリリース、新聞タイアップ、イベント、OOH、キュレーション、レビュー、TVPR、SNS、e-Mail、雑誌タイアップ、インフルエンサー)

「戦略PR」とは?

世の中の関心を味方につけ、心をつかむコミュニケーション戦略

戦略PRとは、単なる情報発信や広報活動を超え、「世の中の関心を味方につけ、ターゲットの心をつかむコミュニケーション戦略」です。企業理念、商品・サービスの価値、ブランドメッセージを、ストーリー性のある情報として戦略的に発信することで、消費者に共感してもらい、購買意欲を高めることを目的としています。従来のPR活動と異なり、戦略PRは以下のような点に重点を置きます。

  • 情報拡散
    ソーシャルメディアやインフルエンサーマーケティングなどを活用し、情報を広範囲に拡散します。
  • 関心事との関連づけ
    世の中の関心事やトレンドに敏感にアンテナを張り、自社の商品・サービスと関連付けられるテーマを発掘します。
  • ターゲティング
    ターゲット層を明確に定め、その層に響くようなコミュニケーション戦略を策定します。
  • 消費者視点
    消費者のニーズや購買行動を深く理解し、共感を呼ぶようなメッセージを発信します。
  • ブランドイメージ
    商品・サービスだけでなく、企業としてのブランドイメージも同時に向上を目指します。

戦略PRを成功させるためには、以下の要素が重要です。

  • 独創性
    埋もれないために、独創的でクリエイティブなアイデアが必要です。
  • 一貫性
    メッセージやビジュアルに一貫性を持たせることで、ブランドイメージを明確化します。
  • 継続性
    短期的な成果だけでなく、長期的な視点に立って継続的に活動することが重要です。

戦略PRは、近年ますます重要性を増しています。情報過多の現代社会において、消費者は画一的な広告メッセージに飽きており、共感できるストーリーや、自分にとって価値のある情報を求めています。戦略PRは、こうした消費者のニーズに応えることで、ブランド認知度を高め、顧客ロイヤルティを築き、売上を向上させることができます。

戦略PRの具体的な手法としては、以下のようなものがあります。

  • プレスリリース配信
    メディア関係者へ情報を発信し、報道記事に取り上げてもらう。
  • インフルエンサーマーケティング
    影響力のあるインフルエンサーに商品・サービスを体験してもらい、SNSなどで発信してもらう。
  • イベント開催
    商品・サービスを体験できるイベントを開催し、消費者の関心を高める。
  • コンテンツマーケティング
    ブログ記事や動画など、有益なコンテンツを作成し、消費者に情報を提供する。
  • ソーシャルメディアマーケティング
    SNSを活用して、ターゲット層とコミュニケーションを図る。

これらの手法を組み合わせることで、より効果的な戦略PRを実現することができます。

戦略PRは、企業にとって大きな成果をもたらす可能性を秘めたコミュニケーション戦略です。しかし、成功するためには、綿密な計画と丁寧な実行が必要です。専門知識や経験が必要となる場合もあるため、ぜひ私たちCOMMONSに相談してください。

戦略PRを成功させ、世の中の関心を味方につけ、あなたのビジネスを飛躍させましょう!