インストアプロモーション

インストアプロモーションとは?




インストアプロモーションの種類

インストアプロモーションは、大きく分けて2種類に分類できます。

1. 価格主導型インストアプロモーション
商品の価格を変えて、消費者に購入を促す手法です。代表的な例は以下の通りです。

  • 値引きや特売: 特定の期間中、商品の価格を下げて販売します。
  • クーポン: 商品券や割引券を配布し、購入を促します。
  • ポイント還元: 商品を購入することで、ポイントを還元します。
  • バンドル販売: 複数の商品をまとめて購入すると、割引になるようにします。
  • 増量パック: 商品の内容量を増やして、価格を据え置きます。
2. 非価格主導型インストアプロモーション
商品の価格以外の要素で、消費者の購買意欲を高める手法です。代表的な例は以下の通りです。

  • POP広告: 商品の近くに、商品情報やセール情報を記載したPOP広告を設置します。
  • 試食販売: 商品を実際に試食してもらうことで、購買意欲を高めます。
  • デモンストレーション: 商品の使い方や機能を実際にデモンストレーションすることで、購買意欲を高めます。
  • イベント開催: 商品に関連したイベントを開催することで、顧客とのエンゲージメントを高めます。
  • 店舗内装: 商品のイメージに合わせた店舗内装にすることで、購買意欲を高めます。
  • スタッフによる接客: 商品知識豊富なスタッフによる接客で、顧客満足度を高めます。

価格主導型と非価格主導型の
それぞれのメリットとデメリット

1. 価格主導型インストアプロモーション

メリット
  • 短期的な売上増加に効果がある。
  • 消費者の購買意欲を高めやすい。
デメリット
  • 価格競争に陥りやすい。
  • 利益率が低下する可能性がある。
  • ブランドイメージが損なわれる可能性がある。
2. 非価格主導型インストアプロモーション

メリット
  • 顧客満足度を高めることができる。
  • ブランドイメージを向上させることができる。
  • 顧客とのエンゲージメントを高めることができる。
  • 長期的な売上増加に効果がある。
デメリット
  • 効果が出るまでに時間がかかる場合がある。
  • 費用がかかる場合がある。
インストアプロモーションには、価格主導型と非価格主導型の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自社の商品やターゲット層に合ったプロモーションを選択することが重要です。

コモンズの関連するサービスはこちら

最適な売り場作りの支援をするショッパーマーケティング。
個店の販促を管理する個店販促マネジメント。